忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

膀胱がん超音波
がん治療に限らず、この点はよく理解して治療を受けたい。 膀胱がん超音波 胃がん手術後の抗がん剤 進行胃がんで胃を切除した患者は、手術後に(ティーエスワン)という経口抗がん剤を服用した方が、手術単独に比べて死亡の危険性が3割低くなることが、 ...(続きを読む)

阿久悠さんを襲った尿道がんの恐ろしさ
死因は尿管がん。腎臓と膀胱を結ぶ細い“尿の通り道”にできるが、発症頻度は「膀胱がんの約20分の1」で、極めて珍しいという。「直接、観察できない場所だけに、厄介ながんです。ただし、大体は血尿が出たり、尿が出にくくなるなど初期症状が表れる ...(続きを読む)

膀胱腫瘍抗がん剤
しかし、この手術はそれ以外の工夫も併用している手術法であるため、正確には、名は体を表す、という風には、なっていないのが現状です。 膀胱腫瘍抗がん剤 直腸癌は、癌(ガン)の中でも治りやすい癌です。当院のデーターを示します. ...(続きを読む)


父(60才)が膀胱がんだと診断されました。 話を聞くと2年ほど前からふた月にいっぺ...
父(60才)が膀胱がんだと診断されました。話を聞くと2年ほど前からふた月にいっぺんぐらい、真っ赤な血尿が出ていたと言います。父は10代後半から現在までタバコを吸っており、「たばこが原因です」といわれたそうです。一週間後に膀胱にある悪性の腫瘍を取り除く手術をします。開腹手術なのに、5日で退院できると言われたそうです。私が伺いたいのは、この切迫した状況で(開腹手術を一週間後控えて)セカンドオピニオンをすべきかどうか、と、血尿が出始めてからの期間を考えると、相当進行しているかどうかです。ちなみに、腫瘍の大きさは2~3センチ大だと言われたそうです。どんな厳しい事実でもかまいません。泌尿器科のお医者様、または同じような経験をされた方、お話を聞かせてください。宜しくお願いします。(続きを読む)

母が膀胱がんになり、手術しました。5年後、同じ膀胱内に癌が見つかり、また手術し...
母が膀胱がんになり、手術しました。5年後、同じ膀胱内に癌が見つかり、また手術して癌を取り除いたのですが、幸い2回とも初期の段階で病院へ行ったので筋肉層まで及んでおらず、1週間程度の入院で済みました。膀胱癌の再発はよくあるケースと効きましたが、定期的に検査をして初期の段階で処置をしていれば他の臓器に転移したり、手遅れにならないで済むものなのでしょうか?(続きを読む)

父が肝臓がんで入院しました。かなり進行しておりいつ亡くなってもおかしくない、...
父が肝臓がんで入院しました。かなり進行しておりいつ亡くなってもおかしくない、といわれました。奇跡的に助かると言うことはないのでしょうか。(続きを読む)



PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
最新記事
カテゴリー
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最古記事
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 膀胱 がんについて All Rights Reserved