忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父が膀胱癌になりました。
父が膀胱癌になりました。血尿がきっかけで病院にかかったところ膀胱癌と診断されました。TUR-Btで小さい癌は取り除いたのですが、その後の病理検査で悪性度G3の筋肉層まで達している癌と言われ、膀胱全摘出する方向で治療を進めましょうといわれたようです。しかし、父は手術はしたくないと言います。今後、膀胱を全摘しなかった場合、どういう事が考えられるでしょうか?また、医師に「膀胱全摘しましょう」と言われて、手術しない人はどのくらいみえますか?来週にはCTで転移が無いかどうか検査し、再来週には手術するかどうかを決めなければなりません。専門家の方、また経験者の方の貴重なご意見を頂けたらと思います。よろしくお願いします。(続きを読む)

父(60才)が膀胱がんだと診断されました。 話を聞くと2年ほど前からふた月にいっぺ...
父(60才)が膀胱がんだと診断されました。話を聞くと2年ほど前からふた月にいっぺんぐらい、真っ赤な血尿が出ていたと言います。父は10代後半から現在までタバコを吸っており、「たばこが原因です」といわれたそうです。一週間後に膀胱にある悪性の腫瘍を取り除く手術をします。開腹手術なのに、5日で退院できると言われたそうです。私が伺いたいのは、この切迫した状況で(開腹手術を一週間後控えて)セカンドオピニオンをすべきかどうか、と、血尿が出始めてからの期間を考えると、相当進行しているかどうかです。ちなみに、腫瘍の大きさは2~3センチ大だと言われたそうです。どんな厳しい事実でもかまいません。泌尿器科のお医者様、または同じような経験をされた方、お話を聞かせてください。宜しくお願いします。(続きを読む)

松田優作は何で亡くなってしまったんですか?
松田優作は何で亡くなってしまったんですか?(続きを読む)



膀胱がん手術
「科学的な根拠がある標準治療」は、「必ず効果が現れる治療法」とは限らない。がん治療に限らず、この点はよく理解して治療を受けたい。 膀胱がん手術 胃がん手術後の抗がん剤 進行胃がんで胃を切除した患者は、手術後に(ティーエスワン)という経口抗 ...(続きを読む)

膀胱がん血便
手術、放射線による治療は局部治療ですが、NK細胞療法は点滴による全身治療です。つまり、遠隔転移、または潜伏がん(画像上現れないごく小さながん細胞)にも効果を発揮する可能性があります。 膀胱がん血便●治療効果 免疫治療の効果を示す上で、一般的 ...(続きを読む)

膀胱がん治療
膀胱がんも含めて、移行上皮がんの発生にはいくつかの危険因子があることがわかっています。中でも化学発がん物質による職業性発生は有名です。膀胱がん治療具体的には、現在製造使用が禁止されている染色、塗装などで使用されたベンジンやβ ...(続きを読む)


PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
最新記事
カテゴリー
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最古記事
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 膀胱 がんについて All Rights Reserved