忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


父(60才)が膀胱がんだと診断されました。 話を聞くと2年ほど前からふた月にいっぺ...
父(60才)が膀胱がんだと診断されました。話を聞くと2年ほど前からふた月にいっぺんぐらい、真っ赤な血尿が出ていたと言います。父は10代後半から現在までタバコを吸っており、「たばこが原因です」といわれたそうです。一週間後に膀胱にある悪性の腫瘍を取り除く手術をします。開腹手術なのに、5日で退院できると言われたそうです。私が伺いたいのは、この切迫した状況で(開腹手術を一週間後控えて)セカンドオピニオンをすべきかどうか、と、血尿が出始めてからの期間を考えると、相当進行しているかどうかです。ちなみに、腫瘍の大きさは2~3センチ大だと言われたそうです。どんな厳しい事実でもかまいません。泌尿器科のお医者様、または同じような経験をされた方、お話を聞かせてください。宜しくお願いします。(続きを読む)

母が膀胱がんになり、手術しました。5年後、同じ膀胱内に癌が見つかり、また手術し...
母が膀胱がんになり、手術しました。5年後、同じ膀胱内に癌が見つかり、また手術して癌を取り除いたのですが、幸い2回とも初期の段階で病院へ行ったので筋肉層まで及んでおらず、1週間程度の入院で済みました。膀胱癌の再発はよくあるケースと効きましたが、定期的に検査をして初期の段階で処置をしていれば他の臓器に転移したり、手遅れにならないで済むものなのでしょうか?(続きを読む)

父が肝臓がんで入院しました。かなり進行しておりいつ亡くなってもおかしくない、...
父が肝臓がんで入院しました。かなり進行しておりいつ亡くなってもおかしくない、といわれました。奇跡的に助かると言うことはないのでしょうか。(続きを読む)


膀胱がん権威
診断された時点で、すでに60%程度の人が、腹膜転移や遠隔のリンパ節転移があり、切除しても再発率が高いとされています。 治療法■手術療法現在の西洋医学の治療方法は 1)手術 2)抗がん剤 3)放射線となります。 大半の胃がんでは、手術が最も有効と ...(続きを読む)

甲状腺乳頭がん手術
表在性膀胱がんは通常、開腹手術は必要ありません。内視鏡を使った手術で治すことが出来ます。腰椎麻酔(半身麻酔)下に手術を行い、当日はベッド上安静になりますが、翌日より食事を開始し、歩行も可能です。おおむね1週間の入院となります。 ...(続きを読む)

膀胱がん手術後食事
さらに進行が進むと、ふだんでも性器から出血するようになり、下腹部の痛みや発熱、やがて排尿困難、排便困難がおきてきます。全身に移転すると貧血、食欲不振、体重減少などがあらわれます。 膀胱がん手術後食事 子宮体がんの症状子宮体がんの症状は閉経 ...(続きを読む)


PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
最新記事
カテゴリー
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最古記事
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 膀胱 がんについて All Rights Reserved